笑うよりも泣く方がストレス解消になる

ストレスを解消するためには、喜怒哀楽を表面に出すとよいと言われているのですが、その中でも泣くという方法が最もストレス解消になると言われています。
大半の人は、笑うのが1番ストレス解消になるのではないかと思うでしょうが、実は笑うよりも泣く方がストレス解消になるのです。
ただし、ただ泣けばよいというわけではありません。

人が涙を流す場合には、大きく分けると3つのパターンがあるのですが、1つ目は悲しくて涙を流す場合、2つ目は感動をしたときやホッとしたときなど、感情が大きく変化するときに涙を流す場合、3つ目は目にゴミが入る、目に刺激を受けるなどした場合です。
1つ目は悲しいときや何かに嫌気がさしたときなど、マイナス要素が大きいのでストレス解消にはなりません。
3つ目は目を守るための防御反応なので、やはり効果はないと言えるでしょう。

最も効果的なのは、感動したときやホッとしたときなど、感情が変化したときに流す涙です。
悲しくなるときも大きく感情が変化したことで涙が出るのですが、マイナス要素はよくありませんので、感動をして涙を流すという方法が最適でしょう。
感動をすると、人間は大脳に刺激を受けるのですが、この刺激がストレス解消にはとてもよいと言われているのです。

泣けるDVDを選ぶ方法

泣くのがストレス解消になるということがわかりましたが、感動をして泣くにはどのような方法がよいのでしょうか。
それは泣けるDVDを見るという方法がおすすめできます。
泣けるDVDはいくつかあるのですが、どのように選ぶべきなのかというと、人によって感動できるジャンルや種類というのが多少変わってくるので、まずは多くの人が泣いたと言われているDVDを購入してみましょう。

購入するのが嫌だという人は、レンタルでも問題ありません。
インターネット上には、泣けるDVDランキングなどというサイトが存在しているので、このようなサイトで上位にランクインしている物を選ぶとよいでしょう。
中には泣けるDVDでストレス解消という感じの題名が付けられているサイトもあるので、まずは情報収集をしてみるべきです。

しかし、この情報収集でストレスを溜めてしまっては意味がないので、まずはよさそうなものを選んで見てみましょう。
実際にDVDを見て、感動して涙が出れば、同じような感じのDVDを選択すればよいのですが、感動できなかった、泣くことができなかった場合には、ジャンルを変更して別のDVDを手に入れるようになります。

場合によっては知人や友人に泣けるDVDを教えてもらうという方法でもよいでしょう。
そうすれば情報収集を行う必要がないので、無駄な時間や労力を使う必要もありません。
人に教えてもらう場合には、1つだけではなく複数のDVDを教えてもらうとよいでしょう。