美容師は技術職になりますから、資格が必要になりますし、もちろんしっかりとスキルを身につけることが大切です。
ただ、美容師は技術職であると同時に、接客業でもあります。
この両方をしっかりとバランス良くできるようにならなければいけない、というのも美容師の仕事で大変なことの一つになります。
技術が優れていても、接客がしっかりとできなければ、その人に担当してほしいと思ってもらえません。

逆に言えば、技術がそこまで高くなかったとしても、接客が上手にできることでお客様が自分を指名してくれるという可能性もあるということです。
技術をしっかり身につけないと、とそればかりにとらわれてしまうと、大事なことを忘れてしまいがちですが、「美容師は接客業である」ということは常に念頭に置いておこうという風に考えています。

これは個々の意識の中でも考えることは大切ですが。お店全体の取り組みとしてもあります。
朝礼の時はあいさつの練習をしていますし、言葉遣いやお客様への気遣いがしっかりなっていない時は注意を受けることも多々あります。
ちょっとした配慮が、そのお店の印象を変えてしまうこともあるのだと言われ、私も接客の姿勢についてもしっかりと気を配らなければならないなと注意しています。

電話の対応、受付での対応の際に言葉遣いに気を付けることはもちろん、たとえばお客様の年齢層に合わせた雑誌の用意をすぐに行ったり、鏡が汚れていることに気づいたら拭くようにしたり、話すのが好きなお客様がいたらできるだけ親身になって話を聞くようにしたり。
細かい部分に気を配ることによって、お店全体の印象もよくなってきます。
利用者側の目線に立つことがとても大切だと私は思うので、自分がお客として来ていたらどういうサービスを提供してほしいのか、ということを考えるようにしています。

そうすると、どういったところに気を配れば良いのかというのが見えてくるような気がします。
技術を身につけながら接客にも気を付ける、という二つを同時に行うのはなかなか大変ではありますが、その二つができなければ美容師になれないんだ、と思い日々気を配るようにしています。